30th_hoteicom

  • mm
  • contact
  • beatcrazy
  • hoteimobile
  • myspace
  • TOP
  • info
  • live
  • archive
  • guitar
  • shop
  • heaven
  • special
  • blog

TOP > Special > COME RAIN COME SHINE

sp

2011.5.18 New Single Release

 ツアータイトルにもなったこの曲もまたシンプルなリフから作り上げた曲です。リフには単音のメロディから作られたもの(The Rolling StonesのサティスファクションやLed ZeppelinのBlack Dog、Lenny KravitzのAre you gonna go my wayなど)と、コードワークから作られたもの(キンクスのYou really got meやDeep PurpleのSmoke on the waterなど)がありますが、この曲は後者。いつもならフェンダーのテレキャスターで弾くところですが、今回は少し暴れた感じの音にしたくて、あえてストラトキャスターを選びました。
 ギターソロはリズム録りの時に弾いた一発もの。アルバムの中で一番ワイルドなソロかもしれません。普段レコーディングではソロのパートをアドリブからスタートし、しっくりくるフレーズを選びます。何度聴いても飽きない、ギターソロも一緒に歌えるような曲の一部としてのソロを完成させるよう心がけています。一度フレーズが決まると完成させるまで何時間も同じソロを弾いていることがあります。そうなるとスタジオの誰も声をかけられません。聴いている人にはきっと同じソロに聞こえるでしょうが、僕は弦とピックの当たり方や、ちょっとした音の処理、入り口のスリル感や終わりの長さなど、病的なまでにこだわってしまいます。僕のいいところでもあり、悪いところでもあるのかな。最近の曲はほとんどギターソロなど入っていないものが多いですね。「誰も弾かぬなら俺が弾く!」ではないですが、ギターソロならではの開放感を皆さんに味わってもらいたいと思っています。

 作詞家の岩里さんとは今井美樹の「Miss you」が最初の出会い。最近ではももクロの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」で久しぶりに御一緒させていただきました。美しい静かな言葉に深い情熱を感じさせる彼女の詞は、遠い景色の向こうに見える様々な感情を呼び起こさせてくれます。
 30周年アニバーサリーイヤーではBOØWYの「DREAMIN'」をオーディエンスの皆さんと一緒に歌わせてもらいました。ステージから見る客席の笑顔にはきっと、それぞれが戦ってきた様々な思いが込められていたと思います。
 20代初め、夢だけを追いかけて生きていたあの頃。その後いくつもの夢を叶え、またいくつもの葛藤や挫折を繰り返し、僕はこうして50歳という年を迎えました。人生の後半を迎えた今「俺は今も夢を追いかけているか?」と自分に問いかけたことがきっかけで、昨年の渡英に繋がったような気がします。
 すべての夢が叶うものではない。現実との狭間で、夢ばかりを追いかけて生きてゆくのは簡単なことではない。しかし、自分が自分らしくあるがために、夢は決して捨ててはいけない。この曲はすべての夢追い人に贈る静かなる応援歌です。
 ストラトの澄んだ音と、暖かいストリングスが抱きしめ合うように奏でる夢の歌。
 「時は流れて今でも胸の炎絶やさずに あの日の憧れを追いかけているかい」胸を熱くする素敵な詞をプレゼントしてくれた岩里さんに心から感謝しています。

Copyright DADA MUSIC Ltd. , all rights reserved.