30th_hoteicom

  • mm
  • contact
  • beatcrazy
  • hoteimobile
  • myspace
  • TOP
  • info
  • live
  • archive
  • guitar
  • shop
  • heaven
  • special
  • blog

TOP > Special > 対談

SP

catch

布袋 「BAD FEELING」のリフっていうのは、ロックンロールなんだけどファンキーで、そういうリフってありそうでないじゃないですか。 それを緻密に、編集するポイントも物凄く考えられていて、単に手間ひまだけではない、愛情を注いでくれた結果がこれだと思うんですよね。

田中 日本ロック史上、世紀の名リフだと思っているので。リフ一発で持っていける曲ってそうはないと思ってるんです。僕としても、 いかに少ない素材を最大限に活かすかっていうのもリミックスの醍醐味だったりするので、後半になってすべてのビートが抜けてリフがスッキリ出てくるんですけど、そこでのフロアの盛り上がりといったら凄いんですよ。 解体した布袋さんのギターソロが、だんだんとカオスへなだれ込んで行って、そのカオスの先にあのリフがスコンッと出てくるっていう設計図を描いていたんですが、それをプレイするとお客さんがそのとおりハマッてくれるので。 あの曲をプレイするとフロアでエアギターをカッティングしてる人がいて、僕も思わずやっちゃうんですけど(笑)。雅-MIYAVI-も僕がこの「BAD FEELING」をプレイするとギター持って飛び込んできてカッティングを始めるという、 それがすでに僕と雅-MIYAVI-の“芸”になってますからね(笑)。いつかそれを布袋さんの前で披露して、もしそこに布袋さんが絡んでくれたら“オレたちの芸は成就するな”って話してるんですよ(笑)。

布袋 オーディエンスの反応っていうのが、やっぱりいちばん信用できますよね。

田中 間違いないですね。ですから、作り込んではプレイして、“この部分の反応がもうちょっと欲しいな”と思えばまた手直ししたり調整したり。 普段でもそういうことって1回はやったりするんですど、今回の「BAD FEELING」は3回以上やりましたからね(笑)。

布袋 今回のアルバムは、参加してくれたアーティストたちが自分のステージでもその曲を演奏してくれてて凄く嬉しいよね。僕の曲だけど、すでにみんなの曲になってて。

田中 僕ももう“オレの曲だ”くらいに思ってますよ(笑)。

布袋 僕は田中くんの「BAD FEELING」は、お散歩のときにリピートして聴いてて(笑)。そもそも、どういうコンセプトだったの?

田中 最初はハードディスク上に布袋さんのボーカル・トラックを並べたりもしてたんですけど、さっきも言ったようにあの“鬼リフ”だけでどこまで引っぱれるかをやってみたくて。 で、作業を重ねてるうちに、ボーカルが出てこないストイックさがカッコイイかなと思って。

布袋 それは大正解だったと思いますよ。「BAD FEELING」って、ファンにとっても大切な曲だと思うし、それを単にグチャグチャにされるとか、 あるいは安易にエディットされるのは聴いてて辛くなっちゃうと思うんだけど、今回田中くんが“構築”してくれたリミックス、きめ細かい技は、ギター・ファンも唸るって言うか、 ギター・サウンドもこういうふうにビートの上で躍動するんだっていうことを感じてもらえるトラックですよね。

田中 そうなんです。ギター・キッズに“ふんっ”って言われないものにしなくちゃいけないなっていうのはあって。一方で布袋さんの作品ってテクノだなって思っている部分もあって、 “早すぎたエレクトロ”みたいな(笑)。ですから、オリジナルの音源をちょっと反復したりいじったりするだけで、かなりテッキー(テクノ・ミュージックっぽい)になるのは想像できてもいたんですよ。

布袋 若いころは、クラフト・ワークを大音量でかけながらそれに合わせてギターを弾いてたりしたくらいで(笑)、ルーズなギターは弾けない、カッチリとしたギターしか弾けないわけですよ(笑)。 だから僕のギターはエディットもしやすいだろうね。どこを切ってもビートが揃ってると言うか。だからソロにしてもそうで、カッチリ弾ききってる。田中くんの「BAD FEELING」は、僕の気持ちよさと田中くんの気持ちよさが合体している。

田中 僕と布袋さんの音楽的な背景は似てると思うんですよ。僕も布袋さんも本当にいろんな音楽を聴いてきたなってわかるんですど、僕は京都で、 ニューウェーヴでヘンテコリンなガキんちょでしたから(笑)。僕と大沢伸一くんは本当に京都ニューウェーヴの最後の人間だったんで(笑)。

布袋 僕もギターを持ってなかったらDJになってたかもしれない。

田中 そんな感じがします。単なる“ロックンロールの人”って印象は最初からなかったですね。僕は熱心なBOØWYファンではなく、ただの田舎の音楽オタクでしたけど(笑)、 知らず知らずのうちに僕は布袋さんの音楽のファンだったんだなって、5月の代々木体育館公演へ行って気がついたんですよ(笑)。ほとんどの曲を知ってたし、長年の間に布袋さんの音楽が刷り込まれてるんだということを確認しました。 今回のリミックスをやってみても、とにかくギタリストとして凄いと思いましたね。僕の高校の先輩で、ギターが上手くて有名な人がいて、あだ名が“カッティングマシーン”で(笑)、 その人のカッティングがいちばん凄いとずっと思ってたんですけど、(音源を)触ってみるとわかります。布袋さんのほうがぜんぜん凄い(笑)。僕は以前、 ナイル・ロジャースのギターを丸裸にしてリミックスしたことがあるんですけど彼もたしかに凄かった。布袋さん、ナイル・ロジャース、高校の先輩。この三人が僕にとっての世界三大ギタリストと言うか、 世界三大カッティングマシーンです。

布袋 じゃあ、いっそのこと“ファンタスティック・カッティング・マシーン”に改名してもらって(笑)。

[構成・文] 芳賀 崇
[写真] 山本 倫子

artist

   

FPM

DJ/プロデューサー田中知之によるソロ・プロジェクト。DJとしては国内全県制覇、 海外では約50都市でのプレイ実績を持つ。 6枚のオリジナルアルバムのリリースの他、 多数のアーティストのプロデュースも手掛け、リミキサーとしても、くるり、UNICORN、 サカナクション、 THE BPA(FATBOY SLIMことノーマン・クックによるプロジェクト) など約100曲もの作品を手掛ける。最近では世界三大広告賞でそれぞれグランプリ を受賞したダンスミュージック時計「UNIQLOCK」、「UNIQLO CALENDAR」の楽曲制作 も手掛けるなど多方面で活躍中。

Copyright IRc2 CORPORATION, all rights reserved.