30th_hoteicom

  • mm
  • contact
  • beatcrazy
  • hoteimobile
  • myspace
  • TOP
  • info
  • live
  • archive
  • guitar
  • shop
  • heaven
  • special
  • blog

TOP > Special > 対談

SP

WEB対談

catch



布袋 「さらば青春の光」は、当時の萩原健一さん主演ドラマの主題歌として、僕が持つ萩原さんのイメージを曲にしたもので、 オリジナルの特徴的なイントロがまさにそれなんですけど、同時に自分自身の青春とも重ね合わせた曲でもあったんですね。しかし今回は、見事な“加藤くんのサウンドトラック”になりましたね。 僕の作った曲ではありますけど、「さらば……」には歌として独立した存在感があるんですよ。ですから今回加藤くんが歌ってくれて、それぞれの青春を歌える、 それぞれの青春と重ねることができる特別な曲なんだなというのをあらためて感じましたよね。

加藤 本当にありがたいお話です。僕の中にも「さらば青春の光」のストーリーというものがあるんですけど。 中学2年生のときに音楽を始めるきっかけとなったのが、BOØWYであり布袋さんのアルバムであり、コピーバンドから始まったんですけど、 もちろん当時「さらば青春の光」もコピーしていまして、僕が初めてギターを抱えてマイクスタンドで歌ったのが「さらば青春の光」なんです。

布袋 あ、そうなんだ。出てくるね次々とエピソードが(笑)。 今回は僕から、加藤くんの歌で聴いてみたい楽曲として「さらば……」や「サレンダー」などを提案してて、その基準となったのが、あまり言葉を捻くってない、 加藤くんに似合うストレートなナンバーを加藤くんの熱い想いに委ねてみたいなと思ったんですよね。

加藤 布袋さんの楽曲は色とりどりありますが、その中で「さらば青春の光」を選ぶ決め手となったのは、 やはりストレートにメッセージを投げかける楽曲だったからですね。僕らFUNKY MONKEY BABYSはそういう、メロディーよりは“言葉を歌う”ということに重点を置いて活動していますから、 僕がもし布袋さんの曲を歌えるんだとしたら、やはり「さらば青春の光」をチョイスしたいなって思いました。この曲だったら、僕なりの「さらば青春の光」が歌えるかもしれないって。 それで、いざレコーディングの日がやって来て、楽曲は決まっていましたがアレンジをどうしようとか、どんな雰囲気に仕上げようとかは一切決まってなくて、さてどうなることかと(笑)。

布袋 うん、そうだったね。いきなりスタジオに入って、まずテンポやリズム感、キーや、 どんな楽器を使ってレコーディングするか……何にも決まってなかったから、そこからのスタートでしたよね。最初に僕がエレキギターを持って8ビートを弾いてみて、 比較的オリジナルに近いギター&ベースで歌ってもらって、それはそれですごく良かったんだけど、加藤くんと初めてミーティングしたときに、“加藤くんをイメージしたときに、 どうしても夕焼けが思い浮かぶんだよね”という話をしてたら加藤くんは腰を浮かせて“僕の名前は夕焼けです!”って(笑)。

加藤 FUNKY MONKEY BABYSで楽曲を作るときにも、いつも頭に浮かんでるのは河川敷の夕焼けのシーンで、 しかも暑い熱い、僕らが生まれ育った八王子の風景だったりするんですね。だからきっと布袋さんは、僕らの後ろに見える原風景みたいなものを汲み取ってくれたんだと思うんですよ。

布袋 だからドンピシャだったんだね。僕に見えていたものは正しかったんだっていう。だから“夕焼け”っていうキーワードはあったんですね。

加藤 布袋さんの楽曲の中ではいちばん「さらば青春の光」がオレンジ色をしてるんです。

布袋 “よし、世界一でっかい夕日を奏でようぜ!”っていう気分があったんですよね。 それでスタジオに入ってからの2バージョン目が少しレゲエっぽいスタイルになって、夕焼けをちょっと意識したようなアーシーなビートを作っていって……。 で、加藤くんの歌が乗ったら“あ、これじゃない?”って感じで。

加藤 本当に不思議と、とても歌いやすかったんですよ。言葉のひとつひとつを噛みしめて歌えたので。それが凄く初めての感覚で。

artist

   

ファンキー加藤
(FUNKY MONKEY BABYS)

ファンキー加藤(FUNKY MONKEY BABYS)中学から高校時代にBOØWYのコピーバンドでボーカルを担当。ギターも少し弾い てみる。 1997年にスチャダラパーの影響を受け、ソロラッパーとして活動を開始。 さまざまな活動を経て、東京八王子出身の「モン吉」「DJケミカル」と'04年元旦に2MC1DJのFUNKY MONKEY BABYSを結成。 以後、チームのリーダーを担当する。 06年1月、CDジャケットに東国原英夫宮崎県知事(当時そのまんま東氏)を起用したシングル『そのまんま東へ』でメジャーデビュー。 6月8日に両A面シングル『それでも信じてる/ラブレター』をリリース。現在までに16枚のシングルと4枚のアルバム、4枚のDVDをリリース

Copyright IRc2 CORPORATION, all rights reserved.