30th_hoteicom

  • mm
  • contact
  • beatcrazy
  • hoteimobile
  • myspace
  • TOP
  • info
  • live
  • archive
  • guitar
  • shop
  • heaven
  • special
  • blog

TOP > Special > 対談

SP

WEB対談

catch

小渕 布袋さんの場合、数々の有名なギター・リフが日本中で鳴り響いていて、様々なスタイルの楽曲があるわけですが、 今回は黒田とふたりでやらせていただくという点にとても意味を感じまして。僕個人の布袋さんへの想いだけではなく、コブクロとして布袋さんとひとつになれる意味、黒田の声を響かせたい……。 そのことを考えると、やはり「YOU」だったんですね。この曲を初めて聴いたときに感じた世界観や歌詞やイメージが、いまでも鮮明に残っていますし、 僕がいろんな夢を見させてもらった曲が「YOU」なんですよ。

布袋 コブクロのおふたりに限らず、今回は自由に選曲してもらうようにしたんだけど、 小渕くんには“LONELY★WILDもあるよ~”“さらば青春の光もあるよ~”なんて横槍を入れたりして(笑)。 多少は迷ったのかどうか……、でも当初から小渕くんは“YOUで…”と言っていたので、そこはブレずに“おっ!”て思いましたね。

小渕 じつは黒田に“LONELY★WILDもやってみたいなあ”と言ったことがあるんです(笑)。 でもあの曲は布袋さんとファンの方々のもので、僕たちが歌ってはいけない曲なんです。 布袋さんもそういう特別な曲だとわかっていて“やってみる?”と言ってくれたことが本当に嬉しくて、それで「YOU」の最後にほんの少しだけ「LONELY★WILD」のフレーズを引用させてもらって。

布袋 今回はコラボレーションではなく、コブクロのおふたりに僕のメロディー、僕の音楽を奏でてもらうということで、 無条件に仕上がりを楽しみにしていましたね。イントロのオルゴールが鳴った瞬間から紛れもないコブクロ・ワールドで。

小渕 「YOU」で描かれている様々なシーン……、たとえば行けなかった映画のチケットがまだ胸の中にあるとか。 これは自分の中学時代の実話なんですが(笑)、映画に誘った女性から“好きな人ができました”ということで、チケットを返されたことがあるんですね(笑)。 でも僕はひとりで映画館へ行ったんです。そしたら映画館の中は僕ひとりだったんですよ(笑)。どこまで寂しい思いをさせるんだと(笑)。

布袋 で、そのときの映画が『死霊のはらわた』だっけ?(笑)

小渕 そうです(笑)。布袋さんみたいな主人公が出てきて(嘘)。 まあ、僕にとってのそんな甘酸っぱい記憶とオーバーラップするエピソードが、憧れの布袋さんの楽曲に入っていたり、 “オレンジ色の月”という歌詞を聴いて以降、月はもうオレンジ色にしか見えなくなったり……。 とにかく「YOU」は、それまでの布袋さんの音楽と比較すると、まったく反対側に振り切れている曲だと思うんですよ。 最初から最後まで“手紙”というスタイルをとっていて、そこにまた優しさのようなものも感じましたし。

布袋 そうだ、手紙だったんだよね(笑)。

小渕 そう。手紙なんですよお(笑)。で、また歌詞のことになりますが、 “たとえばこのまま逢えなくなったとしたら”のあとの“きっと君のような、”までしか読まなかったら、ふつうは別の誰かを探すと考えるわけじゃないですか。 ところが“君を探す。”という大ドンデン返し(笑)。こういう世界に、当時の僕は中学生ながら本当に感動してたんですよ。

artist

   

コブクロ

1998年、ストリートで黒田俊介と小渕健太郎が出会い、コブクロを結成。
インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、その圧倒的なライブ・パフォーマンスで高い評価を得ている。
2001年3月にマキシシングル『YELL〜エール〜/Bell』でメジャーデビュー。 2006年9月に初のシングルベスト集『ALL SINGLES BEST』をリリース、350万枚を超えるメガヒットとなる。
2007年12月にはオリジナル6枚目のアルバム『5296』をリリース。 オリコンウィークリーチャートで4週連続1位の快挙を果たした。 日本を代表する"国民的"男性ボーカルデュオ。

Copyright IRc2 CORPORATION, all rights reserved.